買取のすすめ | 金買取をはじめ、様々な物の買取についての情報です

買取のすすめでは、金買取、ダイヤ買取、プラチナ買取、ブランド買取、携帯買取など、あらゆる物の買取に関する情報を掲載しています。知識を身につけ、高価買取を目指しましょう。

ホーム

プラチナ(白金)の歴史

9月 3rd, 2012

古代エジプト第18王朝時代には、ファラオの装身具として用いられていたといわれています。
現存する白金製品として最古のものでは、ルーブル美術館に収蔵されている、テーベの小箱といわれるものになります。これは、エジプトのテーベにある女性神官シェペヌペットの墓から出土されたものである小箱で、年代としては紀元前720年から紀元前659年ごろのものであるといわれています。
10世紀ごろには、南米でも装身具として用いられていたとされています。これは、純度80%以上のものであり、当時から高度な精錬の技術があったということがわかります。
合金状のものであっても、融点までの加熱を行なうということは、当時の技術では不可能なことなのですが、貴金属であるために酸素では酸化されない性質を持っているため、これを利用して粉末状や粒状のものを粉末冶金などの方法によって、成型を行なっていたのではないかと思われています。

インゴットとは

1月 28th, 2013

金、プラチナを精錬した後、型に流し込むことで固めたものが、インゴット、というものです。別名、延べ棒、ともいわれます。
もしインゴットとして購入をした場合でも、それ以降変形をしてしまったりすると、インゴットとして買取をすることが難しくなっていきます。もし変形をした場合、インゴットではない扱いになってしまう可能性があるので気をつけましょう。そのあたりの扱いは店によって異なってくるものになりますので、まずは問い合わせをしてみてください。

金の特徴

1月 21st, 2013

南アフリカ、アメリカ、カナダ、オーストラリアは、主な金鉱山の産地でもあります。こういった国から金の産出が行なわれています。ですが、金はそもそも希少性が非常に高い金属であり、金鉱石が一トンあったとしても、そこからは3gから5g程度の金しか採掘をすることができなくなっています。
これまでに人類が発掘をしてきた金の総合量は約12万トンほどで、これは長さ50メートルのオリンピックプールの二杯分にもあたる重量になります。それに対して地球に現在残っているとみられる金は、その半分以下の五万トンほどであるといわれています。

買取のすすめ | 金買取をはじめ、様々な物の買取についての情報です

買取のすすめでは、金買取、ダイヤ買取、プラチナ買取、ブランド買取、携帯買取など、あらゆる物の買取に関する情報を掲載しています。知識を身につけ、高価買取を目指しましょう。

Copyright c 2012 買取のすすめ | 金買取をはじめ、様々な物の買取についての情報です. All Right Reserved.